menu
close

時を越え、心を潤し続ける。
Continuing to enrich the mind through time.

深川製磁について
About

02

1900年のパリ万国博覧会で最高峰の金賞を受賞して以来、
ヨーロッパ各国で高く評価され、宮内庁御用達ともなった窯元・深川製磁。

初代の深川忠次は若くして渡欧を重ね、
江戸後期の着物の意匠やフランス伝統のモチーフなどを融合して、
それまでの陶磁器とは一線を画するユニークなデザインに昇華しました。
その独自のスタイルが、現代に至るまで連綿と息づいています。

佐賀・有田の山川のそばに明治期からたたずむ工房にて、
土づくりにはじまるすべての工程を自社で一貫。

透き通るような白い肌にほどこされた、目の覚めるような青の染付が
日々の食卓にゆったりとした本物の時間を届けます。

商品紹介
Products

03

本物だけがもつ輝きは、いっそう強く光を放ち、深く豊かに心を満たします。