INFOMATION

深川工房 職人達のつぶやき

今回は、作業工程の素焼について説明したいと思います。
素焼とは、成型された製品を800℃から900℃で焼成します。



窯積みの様子。ひとつひとつ丁寧に積んでいく。



窯揚げの様子。皿板と呼ばれる長い板に製品を乗せて運ぶ。



写真(左)が窯で焼く前の状態。写真(右)は焼いた後の状態。



素焼き職人のつぶやき・・・・



  成形されたばかりの製品は、キズがつきやすく、破損しやすいです。
  職人さんが、丹精込めて作った製品なので丁寧に積み上げます。

  製品焼き締まり方で、次の作業工程に影響がでるので、製品の
  種類によって積む位置を選びます。

  私は、この仕事を15年やっていますが、これからも丁寧にいい仕事を
  やっていきたいと思います。





有田工場 / 素焼ブロック

今回は、素焼窯積み風景等、慎重な作業に挑む職人のつぶやきを紹介しています。

窯元歳時記