白百合

当コレクションは、古来、美の象徴として世界で愛されている「白百合」をテーマに、「純潔、無垢」、その花言葉の様に清楚な中に華やかさをデザイン致しました。上質な陶石を1350度の高温度で焼成する事により生まれる透けるような真白な生地に、敢えて白百合の存在感のある白を重ね合わせた清楚な姿は、まさに奥ゆかしい日本の美感です。幸せの大輪を咲かせた優雅な白百合の花弁は、伝統的な技法によって特別に調合したニュアンスの異なる幾つもの白い上絵の具で表現され、モダンなニュアンスをもつ柔らかな白のハーモニーを創りあげています。愛らしいフリルのかたちにのせて優しい風に揺らぐ清楚な白百合の姿はまるでレリーフ。使う度に幸せにつつまれるコレクションです。