青磁

江戸時代から有田焼が盛んにやってきた技法です。菊割から菊型の生地を作りだします。正確かつ生産性も高く、有田焼の形のイノベーションに貢献してきました。ただ、最近の機械で生産する方法とは全く違います。職人がひとつずつ型出しをして切れが出ないように整える手作業があります。何世紀も愛用されてきた有田焼の型ものです。

2件の商品がございます。