深川製磁 meets contemporary furniture collection at Cassina ixc. Aoyama shop

良質な家具と陶磁器が同じレベルで展示されるという今までは、 ありそうで無かった展示会となりました。非常に厄介な挑戦を成功に 導いたのは、デザイナー深川恵以子が織り成す陶磁器の色や質感を 家具の持つ量感に繊細に合わせていくという魔法のようなインスタレーションで、 ミラノのプロダクトデザイナー「パウロ、ロマッチオ氏」は、「静かなる空間」と 評しておりました。恵以子デザインの新作モデルとして発表された「Sumiランプ Dante」は、真っ白な白磁に映るブリリアントな光と対照的に無釉のマット仕上げの 黒地肌が、光を吸収し「シャルロットぺリアン」デザインのサイドボードと のマッチングはまさに陰翳礼賛の世界のような雰囲気を醸し出していました。